カリ首硬くするなら超絶的な増大実績を誇る増大サプリ!

■増大サプリの選び方

ペニス増大サプリって種類が山ほど販売されているけど、結局何が効果があるのかわからない…

海外製のサプリは副作用が危険だったり、口コミや評判を見ても本当のことを書いてあるかどうかわからない、返金保証があるかどうかわからない…

上記のように増大サプリを買うときに、いろいろなことを考えてしまって何がいいのか結局判別が付かなかったという人は多いのではないでしょうか。

上記のような悩みをもっている人のために、本当に効果が高い増大サプリの選び方や増大の基礎知識や成分について解説して、本物のサプリの選び方を解説していきたいと思います。

普段は見えることのない他人のペニスは温泉やサウナに行ったらどうしても目に入ってしまいます。

自分のペニスに自信があればいいのですが、平均サイズを下回るようなペニスだと、女性にも消極的になってしまうなんてこともあるかもしれません。

以上のような男性にしかない悩みを解決するためには手術や増大器具を使わないでも簡単にコスパ抜群で増大を実現することができる増大サプリが一番おすすめです。

男性自身に自信が付けば、自ずと女性に対しても積極的になれるので、ペニスを増大させましょう!

■ペニス増大サプリでなぜ増大できるのか?

ペニスを構成しているのは海綿体という細胞ですが、この細胞に大量の血流が流れることにより勃起状態になります。

勃起をするときに海綿体に流れ込む血液の量を増やせばその分勃起したときのサイズや硬さというのはアップします。

数週間ではペニス増大を実感することはできませんが、血流量を増やした状態で、何回も勃起することにより、海面体細胞に血流量を増やすことにより、サイズをアップさせることができます。

これを実現するには大きく分けて二つの要素に分けられます。一つは血流を増やすことと、男性の下半身に効果的な滋養強壮剤を摂取することです。

増大サプリにはこれらの効果を発揮してくれる成分が山盛りで贅沢に配合されているので、ペニス増大が簡単に実現できるのです。

ペニス増大サプリにほぼ必ず配合されているシトルリンとアルギニンは必要不可欠な成分です。

この二つの成分はペニス増大には切っても切れないペニスへの血流を増やすという役割があるので、ペニス増大サプリには必要不可欠な作用なのです。

増大サプリにはこれらの血流量改善効果のある成分以外にも、何百種類にも及ぶ精力改善効果が期待されている食材が配合されています。

アルギニンやシトルリン以外の男性機能の改善効果が期待できる成分は滋養強壮効果を目的として配合されています。

ペニス増大をするためには、血流量がアップした状態で勃起することが大切です。血流量の改善をしても、勃起してペニスへの血流量を頻繁に送り込まなければペニス増大は期待できません。

■海面体細胞とは

ペニスは海面体細胞と呼ばれる細胞と下腹部からつながっている筋肉によって構成されています。

身長というのは骨で構成されているので、成長期以降の骨の成長が止まってしまうと、それ以上身長を伸ばすことはできません。

なので、身長は大人になってから大きくすることはできませんが、細胞や筋肉はいくらでも大きくすることができます。

食べ物をたくさんとってカロリーをたくさんとれば体は大きくなっていきますし、筋トレをすれば、筋肉の破壊と回復を繰り返して、筋肉を肥大することができますし、ペニスの細胞も増殖させてペニス増大を実現することも簡単にできます。

ペニスの海面体細胞に直接働きかけるような成分がペニスに作用すれば簡単にペニス増大を実現することはできますし、ペニスの付け根につながっている筋肉もトレーニングすることによりペニスのソリ具合や硬さの改善にもつながることができます。

ペニスの成長に必要な成分が効率よく配合されているのが増大サプリです。増大サプリにはシトルリンとアルギニンという成分が必ずといっていいほど配合されています。

そもそもシトルリンという成分にはどういう効果があるのでしょうか?それは、ペニスへの血流量を増やすことにより、増大サプリに含まれている滋養強壮成分をペニスの海綿体細胞の隅々までとどけて増殖を促してくれます。

次にアルギニンという成分ですが、アルギニンは男性ホルモンのテストステロンの増大を促してくれて、ペニスの細胞の成長に貢献してくれます。

ペニスを構成している海面体細胞というのはペニスの血流量に応じて大きさを変化させるスポンジのような細胞です。

勃起するときに、ペニスは脈打ってますが、あの血流に反応して海面体細胞が大きくなったり硬くなったりします。

勃起していない普通の時も同じでシトルリンを飲んで血流が増えると、平常時のペニスサイズアップにも貢献してくれます。

そのシトルリンによってペニスへの血流量がふえているところに、ペニス細胞の成長を加速させてくれるアルギニンがきくことにより、効率的なペニス増大を実現できます。

シトルリンで血流量を増やしているところに、アルギニンがペニスに届きやすくなって、相乗効果によって最高のペニス増大スパイラルが実現します。

■1位 アプソルシン ★★★★★ (9.5/10.0満点)

アプソルシンはネットで検索してみると大量にヒットする増大サプリの中でも、結果に期待ができるサプリの1位に輝いたことがある、超優良サプリです!

日本人男性3100人に対して、メンズサプリや精力剤についてのアンケート調査を行いました。

アンケート調査の結果アプソルシンが堂々の1位に輝きました。特にシトルリン量に満足している人が多かったようです。

アプソルシンはリピート率が9割以上もある超絶人気の増大サプリです。口コミやレビューもいいものが多くて、たくさんの人が増大を実現しています。

アプソルシンはたくさん購入するとお得なキャンペーンがあります。なんと3個購入することにより1個無料で手に入るので、できるかぎり増大させたい人にはおすすめです。

●価格など

定価12,000円

支払い方法 代引き クレジットカード 後払い AmazonPay

独自サービス 送料無料 返金保証 初回特典あり

●コスパ

L-シトルリンが1粒810mg

コスパ良好!熟成ニンニク、発酵黒マカ配合

安心で安全な国内GMP工場製!!

期間限定!最大64%OFF!!

期間限定!3個以上で1個無料!!

■2位 マカエンペラー ★★★★☆ (8.0/10.0満点)

マカエンペラーはアルギニンの含有量が多く精力サプリに欠かせないと言っても過言ではないクラチャイダムとマカをダブルで配合している最強のサプリです。

クラチャイダムとマカにはアルギニンがたくさん含まれていますが、血流量をアップさせると言われているシトルリンと同時に体内に摂取することにより、増大効果を爆発的に増加させることに成功しています。

マカエンペラーにはマカが大量に配合されていますが、このマカには男性機能の改善に効果的な成分が山ほど含まれているので、古来から精力剤として使われてきた究極の素材です。

マカという植物は、南米の4000mの厳しい環境でも生息できる根菜で、昔から精力増強や男性の下半身機能に向上に役立つ成分として使われてきた植物です。

マカはあらゆるビタミンやミネラルなどの栄養素を含んでいるので完全食とも言われているくらいの素材で、精力剤にはパーフェクトな素材と言っても過言ではありません。

●価格など

定価初回3400円 2回目6800円

シトルリン配合量/1日 従来比2倍

最大割引率 50 %

返金保証期間 返金対応なし

支払い方法 代引き クレジットカード

●特徴

売り上げ40,000箱突破!

アルギニンの豊富なマカとクラチャイダムを配合

増大に良いと言われる成分を豊富に配合

精力増強&ペニス増大効果

■3位 シドルフィン ★★★★☆ (7.0/10.0満点)

シドルフィンはメンズケアワールドグランプリで金賞を受賞したこともある増大サプリメントです。

また、公式サイトで販売されてからたった4ヶ月で2万5千本以上を販売したという驚異的な人気をほこる増大サプリで、人気が人気を呼んでいます。

シドルフィンの魅力は高純度のシトルリンが1本当たりに54000mgも配合されている点が最大のメリットといえるでしょう。

また、マカの三倍ものアルギニン量と言われている昨今注目されているクラチャイダムも配合されています。

男性機能にダイレクトに作用してくれる滋養強壮成分が山のように配合されているので、男性から人気が人気を呼び、爆発的な売り上げを誇っていますS。

●価格、割引き

定価11,800円

支払い方法 代引き クレジットカード 後払い AmazonPay

●コスパ

2個で送料無料!3個で1個無料で付いてくる!

4カ月で25,000本も売れている人気商品

キャンペーンを利用すると1本6,000円程度

錠剤が小さくてとにかく飲みやすい

■4位 ペニブースト★★★☆☆ (6.5/10.0満点)

ペニブーストは増大サプリの本場アメリカで人気を博した男性サプリメントで、このたび日本人向けに改良されて日本で発売されています。

累計140万個の販売実績がある本物サプリメントで、トンカットアリやプロポリスなども配合されています。

●価格、割引き

定価15,680 円

シトルリン配合量/1日 2000 mg

返金保証期間 45日間対応

支払い方法 代引き クレジットカード 後払い

●メリット

2個以上で1個無料!!

L-シトルリンが1粒1000mg

45日間全額返金保証付き!!

■増大サプリを選ぶときの注意点

ペニス増大サプリには選ぶ際の注意点と使うときの注意点があります。どちらも正しくないと効果が薄れてしまいます。

逆に、間違った使い方をすると健康状態に異常がでることや、副作用もあるので、増大サプリを正しく選択しましょう。

まず、ペニス増大サプリを購入するときは成分の含有量をチェックしましょう。

成分の含有量で注意して見て欲しいのが記載方法です。記載方法には配合量と原材料の2種類があります。

同じような意味にも見えますが、配合量というのはカプセルに入っている重さの量を表しています。

同じ1000mgという記載でも配合量と原材料では本当の量が違ってくるのです。

成分が量も種類もたくさん入っているのにもかかわらず明らかに安かったら、記載方法をチェックしましょう。

次に濃縮率というものですが、これも注意が必要で、カプセルタイプでも濃縮率というのは決まっているものなのです。

つまり、海外の製品でない限り濃縮というキーワードは間違っていると言うことです。そのためペニス増大サプリを選ぶときには濃縮というものがかかれているものに惑わされないようにしましょう。

増大サプリに使われているカプセルには一概に一つのサイズだけが使われているわけではなくて、サイズが微妙に異なっていると言うことを知っている人は少ないのではないでしょうか。

ただ、カプセルが大きいだけなら飲みやすさの問題なので、あまり問題ではありません。

ですが、カプセルによって1粒に含まれている量がちがうので、カプセルが多ければそれだけペニス増大に有効な成分を含むことができるということです。

なので、1回に服用するカプセルの個数もサプリによって違ってくるので、たくさん使わないためにもカプセルがどれくらい入っているかチェックしておきましょう。

ペニス増大サプリを使うときには飲む量にも注意が必要です。一日のアルギニン量というのは決まっています。

シトルリンの吸収量は800mgです。なので、たくさん摂取したところで意味がないのです。

また、カプセルの含有量もサプリによって違うので、許容量を超えないように注意しましょう。

人体が吸収できる許容量の限界値まで飲むことにより早く成果を出すことができます。なので、カプセル一粒の量をよく確認して使用するようにしましょう。

■増大サプリにはリスクがあるのか?

ペニス増大サプリを使うに当たってどれくらい増大できるかや、増大以外の効果も気になるところですが、副作用などがあるかどうかも気になっている人はいるのではないでしょうか。

増大サプリとして日本で製造されているサプリは、健康補助食品という位置づけなので、医薬品が入っていないので副作用の危険性はありません。

日本国内で製造されている日本人向けの増大サプリに副作用の危険性はほぼないといっても過言ではありませんが、以下の点も注意しておきましょう。

●賞味期限切れに注意

ペニス増大サプリは適正量を超えて大量に摂取すると副作用がある場合があります。過剰摂取をすると腹痛や発疹などがでることもあります。

亜鉛のように一日の摂取限界量が定められているものもありますし、限界量を超えて摂取すると肝機能に障害を起こしてしまったりもするので、過剰摂取は辞めておきましょう。

また賞味期限切れのサプリをケチって飲んだりする下痢などになったりするので、賞味期限切れのサプリは飲まないようにしましょう。

消費期限切れや過剰摂取でなくても、なんらかのアレルギー反応が出る人は体に合っていないということなので、使うのを辞めておきましょう。

●海外製の男性サプリは注意

ネットでは海外産の増大サプリメントが売られていますが、あまり使わない方がいいでしょう。

海外産の増大サプリメントは外国人の体格や体質に合わせた成分が配合されています。

そもそも海外産のサプリメントというのは日本人の体質にあってないのですから、なんらかの副作用やアレルギー反応がでても不思議ではありません。

外国産のサプリは何がどれくらい配合されているかもあやしいですし、そもそも本当かどうかもわかりづらいです。

原材料の純度が質の悪いものだったら効果が半減してしまいがちですし、生産している工場の衛生環境が悪いということもあります。

増大サプリは医薬品に分類されていませんが、生産環境や製造工程があまりよくわからない製品を服用するというのはリスクがあります。

それでも海外産のサプリメントに魅力を感じるのであれば、良質なものを厳選して使ってみましょう。

●増大サプリはGMP認定工場で製造されている

ペニス増大サプリは効果の高さの身だけではなく、副作用のリスクも考慮しながらサプリ選びをすることが大切だといえるでしょう。

日本での国産でなおかつGMP認定工場で製造されたサプリメントであれば、医薬品製造の際に義務づけられている環境基準や品質管理が行き届いているので、副作用の心配なく安心して使うことができるでしょう。

GMPというのは適正製造規範といわれています。原材料の入庫から出荷まですべての家庭において安全に作られるという基準が設けられています。

信頼の置けるメーカーであれば、何も見ずに飲むことができますが、あやしそうな小さい会社の場合は、製造工程などをみるようにしましょう。

販売ページや商品のパッケージをみておかしい感じがしたら、その商品は控えておきましょう。